こんにちは。pon衛門です。 😊

沸かし太郎の検証です。

沸かし太郎を使ってみた  3月4日

こ~んな、温度計、小学校以来ですよ、触るの。
ホームセンターで、400円弱で、普通に売られておりました。

この温度計で、一時間ごとに温度を計ってみようと思います。

我が家の風呂おけです。ステンレス製です。
横幅 120㎝    奥行 60㎝ くらいでしょうか。



この日は、140ℓくらいの水を貯めてみました。
太郎さんを沈めます。

アルミの保温シートをかぶせます。

蓋をします。ちょっと、コードで隙間が出来てしまいます。

蓋の上に、さらにアルミシートをかぶせてみました。

検証してみました。

◎ 日時 3月4日 
◎ 気温 18~20度
◎ 水量 140L


--------------------------
◆時間       ◆湯温       ◆上昇温度
--------------------------

0時間目      15℃      
1時間目      21℃      6℃
2時間目      26℃      5℃
3時間目      31℃      5℃
4時間目      36℃      5℃
5時間目      41℃      5℃

検証してみて。

と、このような結果になりました。 😊
やはり、時間はかかりますね。
これは、説明書にも書かれておりましたので、想定内です。
色々なレビューも、見ていたら、水からだと時間は掛かるとありましたので。


かんじんな、経費なのですが、これが計算がややこしいですね。
まず、私は大手のいわゆる、地域の電力会社です。
最近の電力会社はすごいですね。
会員登録みたいなものをすると、使用量や色々な過去のデータを見ることが出来るのです。
現在のデータと、過去のデータも比較してくれております。
すごいな、今の電力会社。


電気料金というのは、使う量によって変わるんですね。
正直、知りませんでした。 お恥ずかしい。 😅
使用量や、プランで 1Kwh の料金が変わるのですよ。
太郎さんの仕事量は、910Wとあります。

円/Kwh X 0.91 X 時間

これが、計算式なのかな。 🙄


ですが、すごいですね。
本当に、お湯が沸かせましたよ。感動です。
子供が小学校の時に、自由研究をしてみたかった。残念です。
もうちょっと、料金の方は検証してみたいなと思います。
家族のお風呂に入る時間の間隔が長い時は、太郎さんを入れてます。
熱いお湯を足さなくても、ホカホカで入れます。 
私は、買って良かったなと思います。 😊

*** ご購入、ご使用は自己責任でお願いします。 ***



スポンサードリンク